オルト・カニンガム

別名:オルト
  • タグ:

コメント10件

1.名無しのサイバーパンクさん2021年01月01日 03:17

ネットランナーの女性。
過去においてジョニーとは浅からぬ関係だったが、ある事件をきっかけに関係性は変容していくこととなる。
ソウルキラーを生み出した張本人。

2.名無しのサイバーパンクさん2021年08月23日 02:39

ITSという企業所属のネットランナー時代にソウルキラーの前身となるものを開発。ITSがそれを悪用し始めると今度はアラサカに目を付けられて身柄を確保される。そこでは無理やりソウルキラーを開発させられる。が、ソウルキラーが自身に向けて使われた場合、制御を掌握するよう秘密裏に改造。その後予想通り自身に向けてソウルキラーが使われたため、制御を奪取してアラサカネットランナーに反撃。時を同じくしてオルトを救出しにきたジョニーらがアラサカタワー突入。銃撃戦でオルトのサイバーデッキが損傷し、肉体に戻れなくなってしまった。オルトが死んだと勘違いしたジョニーらによってオルトの体は持ち去られ、残された記憶痕跡ネット空間に完全に取り残されてしまう。

というのが今作の開始時点で起きていること。

3.名無しのサイバーパンクさん2021年08月24日 18:07

サイバー空間に取り残されたオルトは長い期間をへてかなり人間性が減退しており、非常に無機質な受け答えをする。だがジョニーに対する思い入れはかすかに残っているように見える。

サイバー空間ではブラックウォールを行き来できるなどかなり卓越した存在らしく、終盤アラサカ・タワーのシステムを完全掌握した際の無双ぶりは敵に同情するレベル

4.名無しのサイバーパンクさん2021年09月17日 08:08

あの体に戻れなくなったとあれば人間性を失うのも仕方あるまい。
歩く度に尻たぶが揺れるいいケツだった。

5.名無しのサイバーパンクさん2021年10月30日 12:57

神輿の破壊について、中に囚われた魂はどうなるのかという質問に、私に全て統合されるから問題なし!みたいな答えを返す程度には人間性が失われている。Vの延命が不可能なことについても知ってて黙っていたような部分もあり、オルトの名前を冠した化け物のように感じてしまう…。

6.名無しのサイバーパンクさん2021年11月15日 18:59

腕利きのネットランナー達の脳を意図も容易く焼いてる辺り、ブラックウォールの向こう側がいかに恐ろしい所か容易に想像出来る。

7.名無しのサイバーパンクさん2021年12月18日 09:41

こいつの前ではクイックハック特化ビルドのVですら素人同然になる、最強のネットランナー

8.名無しのサイバーパンクさん2021年12月19日 02:09

「作中最強クラスの超凄腕のネットランナー(ハッカー)」
「精神がネット世界に存在する。」
「終盤に敵のシステム全体を単独で制圧する」
「もう一人(ジョニー)の主人公と懇意だった」

など某作品で「超A(ウィザード)級ハッカー」と恐れられたとある全身義体の女性サイボーグを彷彿とさせる設定が多い。
特に終盤のアラサカのシステム制圧は映画「イノセンス」のプラント船内部の描写とよく似ている。

9.名無しのサイバーパンクさん2021年12月19日 08:55

なんでもかんでも攻殻機動隊元ネタ扱いするのはどうかと

10.名無しのサイバーパンクさん2022年05月21日 02:42

神輿ジャックインするとブラックウォールの向こう側に飛ばされるが、その時に彼女が詩を朗読してくれる。そのうちの一つであるろうそくの詩には引用元があり、bolesław leśmian(ボレスワフ・レシミャン)というポーランドの有名な詩人の作品らしい。開発がポーランドゆえの粋な引用元といえる。海外ウィキに全文が記載されていたので気になる方はどうぞ。
https://cyberpunk.fandom.com/wiki/Boles%C5%82aw_Le%C5%9Bmian,_%22Why_so_many_candles...%22

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)