新ソ連

別名:

コメント15件

1.名無しのサイバーパンク2022年10月13日 20:59

今作におけるロシア。テクトロニカやカフカスはこの国の企業。共産主義は不滅なのだ!

関連するクエストが少なく、本編にも絡んでこないため影が薄いが、チップやTVニュースによるとナイトシティではとっくに無くなった社会福祉システムが健在らしく
道で倒れればすぐに救急車で病院に運ばれ、鉱山作業員は生き埋めになっても支給されたサイバーウェアのおかげで全員生存できる等(すごい!)人民に優しい世界に見えるが、裏を返せば健康状態を監視され、一生働かなければならないというナイトシティとは別ベクトルのディストピアと化しているようだ

また、テクトロニカやカフカスの製品が普通に出回り、フィクサーであるミハイル・アクロフが特に問題なく紺碧ホテルなどに滞在できる辺り、ナイトシティや新合衆国とは国交がある模様

返信:>>3
2.名無しのサイバーパンク2022年10月14日 13:35

本作世界観は他のSF同様、現実世界のある時点から分岐したパラレル世界となっている。

サイバーパンクというジャンルが興った1980年代までの歴史的な出来事、たとえば第二次世界大戦やベトナム戦争あたりまではサイパン世界でも現実と歴史を共有している。だが、それ以降の出来事がこの世界で起こっているかどうかは不明である。

この世界では90年代にソ連崩壊が起こったのか。どのような経過で新ソ連が興ったのか。そのあたりの考察をしてみるのも面白いだろう。

3.名無しのサイバーパンク2022年10月14日 17:32

>>1
メインには絡んでこないが、レジーナからフィクサーミハイル・アクロフ関連の依頼を受ける事になる。
またスカベンジャーのうち、最低でもパシフィカにいる連中は新ソ連のエージェント。
インプラント調達のため出稼ぎ中w
他にも調査のためネットランナー部隊を送り込んでいたりと広範囲に活動している模様。

4.名無しのサイバーパンク2022年10月17日 20:00

あまり話題にならないが、新ソ連もしっかり第四次企業戦争でダメージを受けており、人口が減っている。

またロシア財閥(オリガルヒ)が力を付けつつあるようで、目的の為には殺人やら買収やらも躊躇なく行う企業が増えているようだ。
グッモーニン、ナイトシティ

5.名無しのサイバーパンク2022年10月17日 21:14

エル・キャピタン依頼でもソ連に亡命する資金のために強奪を依頼する人物と出会うが、その依頼主は難病で体の筋肉がどんどん衰えていく病気を患っており、新ソ連では新しい義体の技術が発展しているらしくしかも、安いらしいが、数年な鉱山労働を従事しないといけないため、数年働くか、前払いとして払わないといけないらしい。

6.名無しのサイバーパンク2022年10月20日 00:14

スカベンジャー達のあの惨めな生活見てるとやっぱ新ソ連もナイトシティとかと大して変わらず
言われてる凄い技術とか社会制度もプロパガンダのハリボテな予感がしてならない…

返信:>>7>>8>>9
7.名無しのサイバーパンク2022年10月20日 08:06

>>6
無料で医療を受けられます(1年待ち)みたいな感じだと思う

8.名無しのサイバーパンク2022年10月20日 08:43

>>6
彼らはエージェントだし、多分戻ったらそこそこ地位がある軍人やそれに類する階層だと思うので、派遣期間が終わるまで我慢してるだけの可能性もあるね。
新ソ連の体制は語られてないけど、公務員?
カンタオを探っていたネットランナーとミハイルのチップからの推察で、そこにはスカベンジャーについては書かれてはいないので推察に過ぎないけどね。

9.名無しのサイバーパンク2022年11月30日 17:17

>>6
スカベンジャー自体がサイバーサイコなりかけ集団でもあるので新ソ連からの追放者集団(流刑)ともとれる
もしその場合ではスカベンジャー達がナイトシティを「ゴミ捨て場」と自嘲するのも頷ける

返信:>>10
10.名無しのサイバーパンク2022年11月30日 22:42

>>9
あいつらは基本的にはメイルストロームほどはサイバー化していない設定なのでどちらかというとただのマザーファッカー。

11.名無しのサイバーパンク2022年12月01日 00:05

1990年代までにヨーロッパでEEC(Europiean Economic Community:欧州経済共同体)が台頭し、アメリカと「Quiet War」(EECの国力妨害作戦で最初は極秘だったが後に先鋭化)を行っていた。
そして1990年にソビエト連邦(USSR:Union of Soviet Socialist Republics)が解体された際、旧ソビエトが経済再建のために各国へ支援を要請したがアメリカは拒否しEECは受諾。
これを境にUSSRは西ヨーロッパと関係改善を推進し2000年ごろまでにソビエトはEECの最も強力な味方となった。
(これがアメリカの経済崩壊のきっかけとなる)
これで安定したUSSRは強硬派(多分エリツィンなどリアルではロシア連邦を作った一派)を粛清し、「Neo-Soviet Union」=新ソビエト連邦を成立させた。
また、この時EEC主導で東西ドイツが統一。
他のワルシャワ条約機構加盟国も分裂している。

というのがサイバーパンク2.0.2.0.で語られている新ソ連の成り立ちです。
この後1996年にアメリカが崩壊するまでEECのパートナー国として協力体制を築いていき、97年以降はヨーロッパにロシアンマフィアが進出、また2002年には国営企業が民営化し企業制共産主義と言うべき体制に移行しています。
なおワルシャワ条約機構加盟国については民主化運動が巻き起こりますが、アメリカが不調でEEC加盟も認められず事実上の属国扱いであったことから解放運動から内戦状態へ移行し、最終的には国の看板はあれど各企業が実質上の国家である地域になっていきます。

12.名無しのサイバーパンク2022年12月03日 20:41

日本ともそこそこ関係を保っている模様。
サイバーパンク2.0.2.0.では北方四島を日本と共同管理地域としている他協力体制を取っている。

返信:>>13
13.名無しのサイバーパンク2022年12月04日 01:46

>>12
択捉経済特区…また雑居になったんやな…、日本ナイトシティみたいなスカベンジャーが跳梁跋扈する地獄か表向き綺麗な理想郷か…
 KGBと公安やら自衛隊やらコーポやらが絡んでヤバそう。

14.名無しのサイバーパンク2022年12月04日 05:06

少し掲示板違いかもしれないが、サイバーパンク系全体として
エトロフが中立都市や特区やら経済国家やら独立会社やらになってるパターン多くない?
有名なのは攻殻機動隊とアップルシード(2つは同作者だから同世界かな?)だけど、他にも立ち読みSF小説でも少なくとも3回は見た記憶
エトロフの何がサイバーパンク系を惹きつけるんだろうか?

返信:>>15
15.名無しのサイバーパンク2022年12月04日 09:19

>>14
元々2.0.2.0.も攻殻機動隊も90~00年代のスーパーパワー崩壊期に原型が成立してるので、中央が崩壊して周辺部が混沌化する状態を見ながら世界構築してるからだと思う。
リアルでもロシア帝国崩壊後ソ連成立した頃白軍支配領域やシベリア共和国が出来てたりしたからね。
同じ流れを国家から企業に置き換えた感じだよね。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)