サイバーウェア

別名:クローム
  • タグ:

コメント14件

1.名無しのサイバーパンク2020年12月22日 22:22

体に埋め込む機械パーツのこと。
これによって超人的な力を得られ、戦闘能力や生存能力が向上する。
全身にインプラント可能な部位があり、手足はもちろん目や内臓までサイボーグ化が可能。

ゲーム上は大きく3つの分類があり、自発的に能力を発動する「アクティブ」、特定の条件下で発動する「トリガー」、常に効果がある「パッシブ」がある。

2.名無しのサイバーパンク2021年08月23日 12:14

サイボーグ化のパーツのこと。
リパードククリニックでのみ着脱可能。

どれも高価なのでよく考えて購入したほうがいいが、その分効果は高いのため、お金は最優先でここにつぎ込もう。
によって品ぞろえが違うため、各地を回って厳選したほうがいい。(金額は同じ。例外アリ)

マンティスブレードなどの一部は固定の場所で拾えるため、買わなくてもいいかもしれない。買う前にクイックセーブしておけばお試しできる。

以下はおすすめサイバーウェア。おすすめ順。
強化腱ダブルジャンプ
皮下アーマー(防御力アップ)
サイバーデッキ(上位のものに買い替えるとクイックハックがやりやすくなる)
予備心臓(自動蘇生)

上二つは何をおいてもまず手に入れたい。
両方ともカブキ付近のリパードクで買える。
特に皮下アーマーは14000E$とコスパ抜群。

返信:>>3
3.名無しのサイバーパンク2021年10月31日 01:06

>>2
言及されているレジェンダリーマンティスブレードの固定配置だが、アプデで修正されてしまい手に入らなくなってしまった。素直にお金を貯めて購入しよう。

返信:>>4
4.名無しのサイバーパンク2021年10月31日 01:21

>>3
モノワイヤーがあった場所もレジェンダリーベースボールバットに変わってる、誰の頭をバットで殴れと

5.名無しのサイバーパンク2022年04月12日 00:17

キャラクリで選べる顔の金属線もサイバーウェアと呼ばれている。様々なデザインのサイバーウェアがあり、金と銀のどちらかが選べる。Vのように顔にサイバーウェアを入れているNPCも多い。もちろん入れないという選択肢もあるので、戦闘に役立つものというよりオシャレ要素のほうが強いのだろうか。

6.名無しのサイバーパンク2022年07月15日 14:12

パッチ1.3 でクラフト設計図追加

7.名無しのサイバーパンク2022年07月15日 23:31

パッチ1.3改造パーツクラフト設計図追加

8.名無しのサイバーパンク2022年09月15日 04:55

インストールに一定の各種能力値を要求するものが数多くある。
パークの取得可否とあわせて悩みのタネだ。
とくに2周目以降、理想のVを作り上げたいプレイヤーは攻略情報とにらめっこすることになるだろう。

9.名無しのサイバーパンク2022年10月08日 09:17

 Vは装備できないが、世の中には実用性皆無のファッションウェアだったり我々からは想像できない用途に使われるものが存在する。
これもその一つ
https://i.imgur.com/gBoxBFy.jpeg

10.名無しのサイバーパンク2022年10月08日 10:24

キレッキレのダンサー用インプラントなるものがあるらしい。
一体どういう見た目でどういう効果があるのだろうか。

11.名無しのサイバーパンク2022年10月11日 00:59

エッジランナーズデイビッドメインのように、体格を大幅にバンプアップさせるような物もあるようだ。あれらも皮下アーマーの一種なのだろうか。分厚くなるほど防御効果も高まり、ガタイがごつくなる感じか。

返信:>>12
12.名無しのサイバーパンク2022年10月19日 03:12

>>11
ちょうど原作者がサイバーウェアをステロイドに例えてるので実に微妙だな

13.名無しのサイバーパンク2022年11月16日 22:22

 アダム・スマッシャー並にクロームぶち込んでる奴は食事とかどうしてるんだろう?
 攻殻みたくサイボーグ食とかがあるのかね?
 でもスマッシャーとか消化器官すらクロームに置き換えてそうだしな…。

返信:>>14
14.名無しのサイバーパンク2022年11月17日 11:15

>>13
一応今の科学でも消化を経てウンコを作るまでの過程は機械装置で再現できているくらいらしいので、内蔵もサイバーウェアの人も多いんじゃないかなあ
しかしそんなところから来る血液量やホルモンのアンバランスがサイバーサイコシスの原因でもあるらしいよ
どうしても体のバランスが華麗にぶっ壊れるのは避けられないし

しかしアダムちゃんレベルだと本当に燃料でやってそう

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)