痛覚エディター

別名:

コメント4件

1.名無しのサイバーパンク2022年10月08日 10:45

 意志16でインストール可能な免疫系のクローム
 全被ダメージを−10%できる。
 
 ゲーム的には被ダメージを軽減できるという形で表現されているが、実際には"痛覚"を軽減または完全に排除さえするサイバーウェアである。侵害受容器から脳の頭頂葉に送られる信号を抑制し、使用者が痛みを感じるのを防ぐ神経コプロセッサである。要するに痛みに鈍くなる。
 ナイトシティでは傭兵(おそらくソロ)の間で圧倒的な支持率を誇るという……が、そんなモノを入れて副作用がないわけがなく。
 ゼータテクの調べによると、
 2020年以降の痛覚エディター所有者の死亡率は60%以上、常人なら戦いを避けるべき肉体の状態に於いても痛覚が鈍い又は存在しないために限界を超えて戦い続けてしまうことが原因とされている。

 どこかで聞いたことがあるような話ではなかろうか。

 おそらくゼータテク

返信:>>3
2.名無しのサイバーパンク2022年10月08日 11:29

ゲーム的には全くデメリットがないのにロールプレイの方向性でインストールするのをためらうようなサイバーウェア

3.名無しのサイバーパンク2022年10月08日 11:43

>>1
ちなみにアラサカ製。アイテムのアイコンを拡大するとアラサカのロゴがついている。
https://cyberpunk.fandom.com/wiki/Pain_Editor?file=PainEditor_Icon_CP2077.png

なお売ってるのはみんな大好きフィンガーズのみ。買う前に彼とは仲違いしないようにしよう。
「たとえ痛くなくても私は暴力はおすすめしないがね」

4.名無しのサイバーパンク2022年10月14日 03:32

一見感覚が必要そうに見えるが…
副作用を抑え込むために意志が必要なのかもしれない

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)