ドラッグ

別名:Sキーフキラキラ

コメント6件

1.名無しのサイバーパンクさん2022年05月06日 19:22

ナイトシティには無数の違法薬物が蔓延っており、ミッチジョニーの話では企業戦争中にこういった薬物が日常的に使用されていたらしく、効果も痛みや恐怖を感じなくさせ殺戮マシンに変貌させるようなものが多い。原作のTRPGにもたくさん登場している。
本編によく出てくるのはSキーフ、キラキラなど。名前だけ出てくるのはブラックレース、ブルーバターやスティム(恐らくコンバットスティム?)など。
キラキラはサイケ系の薬物で、製造工場を破壊するサブジョブもあるあたり広く普及している模様。チャットログでは「砕いた蛍光灯を混ぜてかさ増ししろ」というようなことが書かれており、安いけどその分粗悪なドラッグのようだ。
ブルーバターはジョニー曰く「第三次企業戦争中にバンバン使われた危ないやつ」「効果は24時間。痛みを感じなくなり、その間の記憶を失う」とのこと。
Sキーフはアッパー系の薬物で、痛みを感じなくなり冷酷な殺人兵器に豹変してしまうが、依存性が強く体に与えるダメージも大きい模様。ちなみに、回収ではフラットヘッドの商談前にダムダムにSキーフを勧められる。吸っても特にデバフなどは無いし、断っても話は進む。なお、ライフパスストリートキッドだと詳しく話が聞き出せ、Sキーフを2回吸うと、帰りにダムダムから吸入器がもらえる。お、お土産…?
また、違法かどうか微妙だが、ドラッグストアの店員曰く胎盤を使った漢方もあるらしい。
これらの薬物は貧困層向けのもので、上流階級の人間は自分に合わせた体に害のないデザイナードラッグを使用しているとか。

その他の薬物については海外wikiが詳しく解説してくれている。気になる人はどうぞ。
https://cyberpunk.fandom.com/wiki/Drugs

2.名無しのサイバーパンクさん2022年05月06日 21:49

胎盤を使った漢方は紫河車(しかしゃ)という名前で実在する。通常は豚の胎盤を使うが闇では本物の人間のものも流通・取引されているとか。

返信:>>3
3.名無しのサイバーパンクさん2022年05月06日 22:08

>>2
というか、出産後の胎盤を妊婦さん自身が食べて精をつけるっていうのは日本でも昔からある風習だし・・・

4.名無しのサイバーパンクさん2022年05月06日 22:35

ご指摘ありがとうございます。胎盤を使用した漢方ってリアルでもあるんですね…きちんと調べるべきでした。出産後の胎盤を食べるのもよく聞きますね。海外でもその文化があるらしくて結構ポピュラーでびっくり。

漢方薬はドラストの店員が言及するのしか当方は見たことがないけど、本物の植物を使った安全な漢方は金持ちしか手に入らず、貧困層は農薬マシマシの雑草を煎じた粗悪な漢方しか手に入らない、とかあったりするのだろうか。ドラッグすら買えないキッズは咳止めシロップ炭酸割りでも飲んでるのだろうか…とか色々考えてしまう。

5.名無しのサイバーパンクさん2022年05月06日 22:43

キラキラは最近ナイトシティに出回るようになったドラッグだが、蛍光灯のカサ増し以外にも別の薬剤を混ぜた新型が出ているらしい。
その新型キラキラの離脱症状を抑えるには、パラモタコルというリトルチャイナでしか売ってない高価な薬が必要な上、効果時間が短いせいでリールービーンズ(ゲーム中で拾うこともできるお菓子)並みに頻繁に服用することになり、キラキラをやり続けたら脳味噌がスポンジに、キラキラをやめようとしても高速でエディがとける無限地獄におちいる。

ところで、リトルチャイナってキラキラを製造しているタイガークロウズのシマですよね……というところまでがテンプレの、ギャングの主な収入源。

6.名無しのサイバーパンクさん2022年05月07日 01:22

ぶっちゃけバウンスバックマックスドクもある意味じゃドラッグと言っても過言じゃないだろう。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)