アラサカ・タワー襲撃事件

別名:アラサカタワー襲撃
  • タグ:

コメント3件

1.名無しのサイバーパンクさん2021年11月13日 21:35

第四次企業戦争の最中である2023年8月に起こったテロ事件。
ナイトシティアラサカ・タワーで核爆弾が爆発し、甚大な被害がでた。

2.名無しのサイバーパンクさん2021年11月13日 23:30

本編をプレイしているならご存じの通り、首謀者はジョニーで、彼が仲間らとともに引き起こしたテロ事件である。

オルトソウルキラーの試作型を作る→アラサカに目を付けられてさらわれる→ジョニーローグが組んで本社に乗り込むもオルトを救えず→数年後実はオルトコンストラクトとして生きていて囚われていることを知る→アラサカ突撃→爆破。

その際にアラサカ・ケイも死亡。ジョニーアダム・スマッシャーに捕えられソウルキラーを使われて……という顛末となっている。

このあたりの真相は表沙汰にはなっておらず、テロリストの正体や目的は俗説を残しつつも不明のままとなっている。

3.名無しのサイバーパンクさん2021年12月16日 01:27

ジョニーの記憶は、大幅に脚色されており、実際にはミリテクデータベース破壊作戦にジョニーが便乗しただけである。
この作戦でアダム・スマッシャーを叩きのめした筈のモーガン・ブラックハンドが何故か一切登場しないのはこのせい。
当然、作中の核もミリテクが用意した物で、エレベーターシャフトから落として地下で起爆する予定だったが、タワー地上で止まってしまい、そのまま爆発してナイトシティー中心が壊滅した。

この事件の結果、これ以上の戦争拡大を恐れた日本政府とアメリカ政府が介入。
アラサカミリテクが一度国有化されることになる。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)