ナイトコープ

別名:

コメント7件

1.名無しのサイバーパンクさん2021年08月30日 23:49

ナイトシティのインフラ整備を担う大企業
ナイトシティの創始者、ルシアン・ナイトの妻、ミリアム・ナイトが彼の志を受け継ぐ形で設立し、今日に至る。

2.名無しのサイバーパンクさん2021年08月31日 00:08

・・・ここまで読んだ貴方、
「そういえば、このちょくちょく会社ロゴは見かけるのに作中に出てこなくね?」
と、思うだろう。
そう、このナイトコープは
「オープニング画面でがっつりロゴが出てくるのに、何をしているか全く判らない」企業なのだ。
実際インフラ関連の企業というのも一部ストーリーで明らかになるだけであり、全体の活動内容は不明。おまけに現在の社長名や社員数まで不明という謎だらけな企業である。
しかも公式が発表してない故ではなく、公式で調査しても「不明」という怪し過ぎるバックストーリーまであるオマケ付き。
正直、アラサカミリテクが可愛く思えるレベルの不気味さである。

3.名無しのサイバーパンクさん2021年08月31日 07:48

ルシアスじゃなくて
“リチャード”・ナイトな
現市長とごっちゃになってるぞ

4.名無しのサイバーパンクさん2021年10月19日 20:08

アラサカ崩壊エンド後の悪役にぴったり。
ミスターブルーアイズと合わせての拡張DLCはまだかね。

5.名無しのサイバーパンクさん2021年11月01日 16:22

資料集ことワールドガイドでもナイトコープのみ写真が全て検閲済みで載っていない。曰く、対外関係が希薄で徹底した秘密主義を貫いている。憶測や疑惑、デマが流れても市民の関心を失うか企業の力でもみ消される…とのこと。他企業もまたナイトコープには触れないように注意している節があるとか。
ちなみにペラレス夫妻の奨学金を出したのもこの会社。そして夫妻のクエストでは…と考えると、裏がありすぎてアラサカよりも恐ろしい企業に見えてくる。

6.名無しのサイバーパンクさん2022年05月10日 22:21

数少ない広告の中で、シカゴからナイトシティを3時間足らずで結ぶ大陸間リニアシステムの構想が紹介されている。
シカゴからナイトシティ(モデルとされるカリフォルニア州モロ・ベイ)までは直線で約2960km。これを3時間となると、その速度はなんと時速980キロを超える。
これは元々あった大陸間リニアシステムの再建を目的としたもので、ナイトシティ地下で新たなトンネルを掘削している。2078年に工事を完了させ、2080年までにシカゴと接続することを目標としている。

7.名無しのサイバーパンクさん2022年06月25日 13:00

チップ「フットボール界にサイバーウェア論争?」ではナイトシティのフットボールチーム、NCコルセアーズがナイトコープとスポンサー契約を結び、“フットボール科学研究所”なる極秘部署で開発された軍事グレードのサイバーウェアを独占的に提供されているとのこと。結果サンディエゴ・シュレッダーズとの試合では圧倒的な勝利を納めたが、一方で7名の選手が致命的重症を負いトラウマチームが出ずっぱりの状況になったとも記事にはある。
秘密主義のナイトコープ故に、”フットボール科学研究所“さえも怪しいものに見えてくる…。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)