クアドラ Type-66 "JAVELINA"

別名:JAVELINA

コメント5件

1.名無しのサイバーパンクさん2022年04月09日 04:51

圧倒的スピードを誇るモンスターマシン、クアドラ Type-66のカスタムモデルのひとつ。ダコタ・スミスから購入できるノーマッド仕様のもの。

都市部での使用を想定してデザインされたカスタムモデルであり、軽装甲パネル及びクリスタルドームを採用し、エンジンもチューンアップが施されている。ノーマッド仕様らしい、巨大なサスペンションにツギハギの装甲パネル、そして黒と金で彩られたボディに色の差し色が映える。
高い性能を誇る車だが、その分高価な事がメッセージで示唆されており、実際販売価格も7万弱とかなり高価。

車の特徴としては、通常のType-66や他のカスタムモデルと比較して、圧倒的なハンドリング性能の良さが挙げられる。操作も機敏で、とにかく横滑りしにくく、体も振れない。こと横滑りのなさに関してはゲーム中でもトップクラス。
サスペンションも優秀であり、デコボコ道でも容赦なく突き進んでいく。荒野も砂漠も100km/h以上で難なくかっ飛ばす事ができる。

一方で、加速が遅めで立ち上がりが遅く、最高速度も189km/h程度とそこそこ。同カスタムモデルで比較すると、同値段帯のクアドラ Type-66 CTHULHUに加速で劣る。
また、車幅が広く全長もそこそこあるので、少々ぶつかりやすい。全長はカリバーンよりちょっと大きい程度。
……とはいえ、街中で走る分には速度の遅さはあまり関係ない(カーブなどでよく減速するので)上、ちょっとぶつかりやすいと言えど、ハンドリング性能が天元突破してるのでそこまで問題でもない。

総括して、乗り回しが良く、どんな場所にも持っていける車である。悩んだら買って間違いではない。

【ミズタニ シオン COYOTEとの比較】
同じような性能を持つ車にミズタニシオン COYOTEが挙げられる。同じくダコタ・スミスから購入可能なノーマッド仕様の車であり、似たような性能を誇り、走破性(と値段)が高い。
では、両者の違いは何だろうか?

明確な違いとして挙げられるのが最高速度だ。
JAVELINAが最高速度189km/h程度に対して、ミズタニシオン COYOTEでは最高速度199km/h程度と相当な速度を誇る。ちなみにカリバーンは212km/hほど。
加速性能に関しては同等だが、ギアチェンジの際の減速度合はミズタニシオン COYOTEの方がマイルド。

他の違いとして、車重量と、それに付随する悪路走破性の違いが見られる。
JAVELINAが車重量4057kgに対して、ミズタニシオン COYOTEでは車重量3351kgと実に700kg近い近い差がある。このためデコボコした道を走ると、ミズタニシオン COYOTEがちょくちょく浮き上がるのに対して、JAVELINAは多少ガタガタする程度に収めることができる。

この他に、高速度(120?km/h~)でのハンドリング性能にも違いが見られる。
ミズタニシオン COYOTEでは、ある程度スピードが乗ると、途端に横滑りが発生しやすくなる。特に最高速度付近ではハンドルを持っていかれ、途端にコースアウトしてしまう。一方のJAVELINAでは最高速度付近でもほぼ横滑りせずにハンドルを切ることが可能であり、安定した走行を可能にしている。
ちなみにそれ以外の速度でも、JAVELINAの方がより横滑りしにくい。……が、その分カーブに弱く、少し滑ってくれるミズタニシオン COYOTEの方がカーブは曲がりやすい。

総括として、JAVELINAはより高い安定性を、ミズタニシオン COYOTEはより速いスピードを、といった違いがある。どちらも非常に乗りやすい良い車なので、迷ったらどっちも買っておこう。

返信:>>2
2.名無しのサイバーパンクさん2022年04月11日 13:15

>>1
チューマ...9万9000エディーだったぜ...

3.名無しのサイバーパンクさん2022年04月13日 12:20

ちなみに車の速度の単位はkm/hではなくmi/h(マイル時速)、重さもkgではなくlb(ポンド)なので、
速度は約1.6倍、重さは約0.45倍すると馴染みのある数値になる

返信:>>4
4.名無しのサイバーパンクさん2022年04月14日 13:04

>>3
馬力は?これもPSじゃなくてkw換算か?

返信:>>5
5.名無しのサイバーパンクさん2022年04月29日 05:11

>>4
海外サイトでは”Horsepower”とされているのでHP換算っぽい

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)