グラップル

別名:テイクダウン
  • タグ:

コメント4件

1.名無しのサイバーパンクさん2021年09月04日 23:42

敵を真後ろから羽交い絞めにするアクション。
とらえた敵はキル、またはテイクダウン(気絶させる)ことで無力化できる。キルは致死性、テイクダウンは非致死の無力化であり、いずれも敵が再び起き上がることはない。ただしダウンしている敵を別の敵が見つけると当然警戒されるため、場合によってはひきずって移動させておく必要がある。

グラップルの動作中は完全な無音というわけではないようで、別の敵の近くでグラップルすると普通にばれる。

グラップル状態でダストボックス前に引きずっていけば、敵を無力化後に直接中に放り込むことができる。その際、敵のアイテムは紙袋になって目の前にドロップする。

気絶状態の敵を改めて攻撃すると死亡する。素手パンチだろうが死ぬ。気絶か死んでるかは敵をよく見ればわかる。生きていればかすかに呼吸で動いている。

敵はずっと掴んでいられるわけではなく、しばらくすると振りほどかれて即敵対状態に移行する。また、ドクロマークのついた高レベルの敵やボスはグラップル無効。即座に振りほどかれる。

2.名無しのサイバーパンクさん2021年12月31日 05:58

テイクダウンのアニメーションには
・首絞め
・後頭部に鉄槌
・振り向かせて右フック
の三種類がある。
右フックのパターンは結構爽快感があるので、出るとちょっと嬉しい。

3.名無しのサイバーパンクさん2022年01月01日 10:07

因みにテイクダウンは非致死性だがその後ダストボックスの様な収容物にしまうと死亡扱いになる

4.名無しのサイバーパンクさん2022年01月06日 03:38

ボスをグラップルすることは基本的に不可能だが、テイクダウンを仕掛けることはできる。
専用のアニメーションが用意されていることが多いので、是非一度試してみてほしい。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)