同人小説: 情熱のオムレツ

別名:情熱のオムレツ

コメント8件

1.名無しのサイバーパンクさん2022年01月03日 23:49

リリー・シルヴァーハンドなる人物が2021年に発表した同人小説。
Samuraiの最後のコンサートを見た後に書いたらしい。

ロスロボス通りのマンションの1702号室でチップが見つかる。

2.名無しのサイバーパンクさん2022年01月04日 06:47

まさかのジョニーケリーのBL小説なんだよなぁ…

3.名無しのサイバーパンクさん2022年01月04日 19:48

ジョニケリ最高!!!

4.名無しのサイバーパンクさん2022年01月04日 19:52

最後のライブということは恐らく4〜50年近く前に書かれたものになる。そんなに昔の小説が2077年になっても残っているのはある意味驚異的である。作中では自伝やAI小説のチップが手に入るが、それらはプロの書いたもので同人誌ではない。素人の書いた小説が未だにカルトファンの間で読まれているというのは感慨深いような回し読みされる黒歴史が不憫なような…。

5.名無しのサイバーパンクさん2022年01月04日 20:02

退廃的なサイバーパンクの世界にもBL萌えのオタクが存在していたという事実は少なからぬVに衝撃を与えた。

6.名無しのサイバーパンクさん2022年01月04日 21:42

ケリーは実際にゲイでジョニーが好きっぽかったのであながち間違ってないっていうね

7.名無しのサイバーパンクさん2022年01月10日 11:36

素人が書いた設定の文章をちゃんとそれっぽく翻訳仕上げてくれたスパチュンに感謝

8.名無しのサイバーパンクさん2022年03月11日 16:15

ちなみに海外でこういうのは「BL」ではなく、「/(Slash fiction)」というジャンル。

日本の「BL」ではカップリングを表現する際に「ジョニー×ケリー」と言う風に「×」が使われるが、海外では「×」ではなく「/」が使われるのが由来。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)