エリザベス"リジー"ボーデン

別名:リジー

コメント2件

1.名無しのサイバーパンクさん2022年05月26日 02:52

リジーズバーおよびモックス結成のきっかけとなった人物。モックスの項目4コメに彼女の詳しい解説があるので、引用します。
エリザベス“リジー”ボーデンは売春婦からストリップクラブのオーナーまで上り詰め、またストリッパーの権利を守る善良な人間だった。
事件が起きたのは2067年、クラブで働いていた従業員がタイガークロウズのメンバー達にレイプされ殺害されたのだ。リジーは事件に関わったメンバーを特定して斧で殺し、その遺骸を店の前に見せしめで並べてストリッパーに手を出せばこうなると宣言した。
しかしその夜にはその報復で店が破壊され、リジーも殺されてしまう。」
その後、タイガークロウズへの反乱が発生。その動きはナイトシティ中に広まり、ギャングの犯罪行為と残虐性に対する象徴となった…。ちなみに、リジーが殺害した犯人は3人とのこと(ワールドガイド記載)

2.名無しのサイバーパンクさん2022年05月26日 02:59

本作ではマテオやスージー・Qから名前と偉業が語られるだけで、彼女の写真などは出てこない。モックスの象徴の一つであるラブリス(両頭斧)だが、実際にラブリスが犯人の殺害に使用されたのだろうか?

名前の由来は実父と継母を斧で殺害した実在の殺人犯・リジー・ボーデンと思われる。彼女は証拠不十分だ無罪放免となったが、残虐な事件はアメリカを震撼させ、様々な創作物に影響を与えたという。Wikipediaに記事があるのだが、流血はないものの遺体の画像があるのでご注意ください。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)