サブロウのドッグタグ

別名:

コメント3件

1.名無しのサイバーパンク2022年10月10日 10:56

サブロウ・アラサカからしか入手できない激レアジャンク品。おそらく大日本帝国軍時代のものと思われる。

2.名無しのサイバーパンク2022年10月10日 14:53

 これを持っているとバレたら間違いなく事件の関係者と疑われるだろう。

3.名無しのサイバーパンク2022年10月12日 00:35

アイコンの画像は、旧日本軍で実際に使われていた認識票を忠実に再現している。
サブロウのドッグタグ…とあるが、実は日本軍ではドッグタグは個人の持ち物ではなく部隊が管理していた。刻印は部隊名と通し番号だけで、作戦前に兵士達に配られ、作戦後に回収される。恐らくサブロウが今持っているのは、終戦時に手元にあったドッグタグを拝借したものだろう。
因みに誰に何番のタグを渡したかは毎回帳簿で管理することになっていたが、玉砕などで帳簿を紛失すると当然ドッグタグがあっても遺体の識別は不可能。日本でドッグタグに個人名がちゃんと刻印されるようになったのは自衛隊発足後の話である。

コメントを投稿してみよう!

(感想、考察、雑談もOK)